でかくろさんぽ

inukuro3.exblog.jp

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ラモーナ

a0061977_1625531.jpg

先日の日曜日のラモーナ。
連れ合いと公園で朝練ちうw

これを見て友人が、
『ちょっと、どーしたの? カワイイじゃんw?』
と、言った。

友人宅のりっか(ラモーナの同胎妹)が、
病気になってからの表情と同じだと言われた。

ラムちゃんも、るいの『闘病』『卒業』から
たくさん学ぶものが、あったのね。

さらに今、らいちゃんの生き様を間近で見て
深く深く考えているのだろう。

多頭飼いのメリットは、こういうところにもある。
お見送りすることは、悲しいことばかりではない。
学ぶことのほうが、はるかに多い。
ヒトもイヌも、それは同じだ。
by inukuro3 | 2012-04-19 16:33 | いぬ

るいが逝って十日、

9日に、るいを荼毘に付して来ました。
a0061977_19102666.jpg

骨には転移していなかったので、
キレイで立派なお骨でしたよ。
しっぽなんて、長くて細くてすごくキレイで。
一番先っぽの骨を、わたし用に持ち帰りました。
小さなカプセルに入れて、ペンダントにしています。

a0061977_19113869.jpg

6日の夜は、るいのために
大好きだったピザを焼いて、
るいの分をお皿に取り分けて、
何か特別なことがあった時用のワインを開けて、
献杯しました。


カモが大好きだったよなぁ。。。
猟犬気質の強い子だった。
a0061977_199991.jpg



撮った写真を見直すと、3月の写真はもう、
しんどそうな表情のものばかりで、ツライ。
これは、2月の写真。
やはり、表情に乏しい。
a0061977_19121957.jpg

それでも、大好きな河川敷散歩で
ちょっとテンション上がって、うれしそうだった。
a0061977_19124151.jpg


これも2月の写真。
大好きな八戸山散歩。
a0061977_191365.jpg



るいが居なくなって10日も経つが、
不思議と違和感がない。
時々、名前を呼び間違えては
ハッとしている。

まだ、らいちゃんのお世話があるから。
これも、るいの配慮だと思う。
るいを失ったことばかりを考えなくて済んでいる。

るいは、思っていた以上に
魂の成長があったなぁ、と思う。
こんなに成長して「卒業」して行くとは
正直思っていなかった。

すごいなぁ、るい。
たいした子だよ。
周囲への気配りが出来るまでの
余裕が出来るとは。
あんなにしんどい闘病だったのにね。

ミックスのコというのは、唯一無二で、
「似たような子」に会うことがとても難しい。
るいのコートの、あの手触りは
きっと一生、もう出逢えないんだろうな。

それが、やっぱりさびしい。

るいが逝ってから、
ラモーナがずいぶんと、
大人びた表情をするようになった。

こいつも正しい成長の仕方を踏襲している模様。
by inukuro3 | 2012-04-16 19:17 | 病院/体調/介護

るいが旅立ちました

6日の朝、
るいが逝きました。

連れ合いとわたしに抱きしめられ、
手を握り、撫でられながらのサヨナラです。

最期はほんの少しの短い苦しみだけで、
懸念していた尿毒症になることもなく、
スッと逝くことが出来たと思います。

しばらくかすかに心臓が動いていて
あるかないかの息をしていて
ずいぶんとたくさん、お別れする時間を
プレゼントしてくれました。
おかげでたくさん、今までの感謝と
変わらぬ永遠の愛を伝えることが出来ました。

るい、ありがとう、ありがとう。
桜が咲いたよ。
ほんとに桜が咲くまで頑張ったね。
まだ、らいちゃんのお世話に追われていて
るいが居なくなった実感が無いのだけど。

るいを見送って、ひとつ大きな肩の荷がおりた
らいちゃんは、いよいよサヨナラの時が
近付いて来たことを感じます。

らいちゃん、えらいねー。
でも、もう大丈夫だから。
無理しなくていいよ、もう。

ウチの男の子たちは、皆、頑張り屋さんで
自慢の息子たちだよ。
by inukuro3 | 2012-04-09 11:22 | 病院/体調/介護

るいが、

先週後半、るいの状態が
崖を滑落するように、悪化した。
尿は鮮血の色になり、1円玉くらいもある
剥落した腫瘍のようなものが出たり、
食欲もなくなってしまった。

金曜までは、なんとか自力でソファに
上っていたのだけど、
土曜の朝には、起き上がろうともしなかった。
横になり、薄目を開けて
静かに呼吸をしている。

茹でた鶏肉か、以前礼智に作っていた
w/d入りミートローフを、数切れ口にはする。
昨日は、カボチャのマフィンを1つ食べた。
お水はシリンジであげると、上手に飲んでくれるが
十分摂れているのかは、わからない。

日に1〜2度、起き上がろうとして
介助して立たせてあげると、少しウロウロするのだが
オムツをしないと垂れ流し状態なので、るいも部屋も
大変なことになるし、そもそも立位保持が難しい。

礼智より先に、るいが逝くことは
考えていなかった。

なので、ショックではあるのだけど。
元々、膀胱の腫瘍が見つかった時に
『目標は、お花見』ということだったので
開花宣言が出た今、すでに目標は達成。
ずいぶん頑張って来たと拍手したい。

あとはもう、るいが決めたタイミングで
幕を引けばいいと思う。

らいちゃんは、きっと
リーダーとしての責任感から、
るいを見送ってから逝こうと思っているようだ。
もう、とうに旅立っているはずなのに。
一昨日の、留置針の交換時
体重はついに、20キロになっていた。

ここ1週間くらい、寝たまま全身で
走っているような動作を続けるので
どこか苦しいのか、痛いのか、心配でならない。
手を握ると落ち着くことが多いので、横に座って
手を握ってあげている。
「走って」いる間は、点滴も落ちにくいので。

『寝たきり』ふたりは、目を放すヒマもない。
ちっとも落ち着かないのだけど
少しづつでも記録を残して行かないと
慌ただしさに流されてしまう。

3にん揃って、桜が見られるだろうか。
開花宣言こそはしたようだが、
ここいらでは、とんと咲いた桜は見かけない。
咲いたら今度は、散るのを見て心が
動いてしまいそうで、それもまた怖いのだけど。

いかん。
余計なことを考え過ぎる。
by inukuro3 | 2012-04-02 17:46 | 病院/体調/介護

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC


by mica