でかくろさんぽ

inukuro3.exblog.jp

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC

外来種

連休に、泉の森に遠征した時。
駐車場上空で、聞き慣れない鳥の声。
見上げると、尾の長い、このシルエット。。。
a0061977_0285092.jpg

あぁぁ。
ワカケホンセイインコだ〜。
県内で見るのは、初めて。
こんな近くにも居たんだな。

駐車場横の民家の庭木に、数羽とまったので撮ってみた。

居た〜〜。
a0061977_0294234.jpg

やっぱ、ワカケホンセイだ。
左に止まってるのが、オス。
右のはこの写真では、羽づくろいして分からないけど
他の写真を見たら、メスだった。 ペアなのかな。
a0061977_0301085.jpg

ワカケホンセイが最初に確認されたのは都内で、65年とされてる。
数百羽の大きな群れを作り、TVで話題になったのが80年代。
わたしも80年代後半に、母と自由が丘(九品仏辺り)に
わざわざ観に行ったっけ。いや。雑貨屋も巡ったケドw

大きな(高い)木が点在しているような環境を好むところは
在来種のオナガとかぶる部分がある。
オナガとの住み分けは、どうなってるのかな。

80年代のことだったと思うのだけど
誰だったか忘れたけど「元」総理のどなたかの
自宅の庭のエサ台に、ワカケホンセイだの
ダルマインコだの、外来種がたくさん来ているのを
TVで観たことがある。
コンゴウインコまで来ているのには、たまげた。

カゴ抜けした鳥が、数百羽もの群れを作る。
ワカケホンセイの帰化は、日本だけではないようだが
ムシに次ぐ繁殖力&適応力だと感心してしまう。
いや。当の鳥たちにしてみれば
必死で生き残っているだけ、なのだろうけど。
Commented by とろりん at 2010-01-13 03:29 x
今も洗足池と東京工業大キャンパスには、
元気にアイツ等が溢れかえってまふ(^^;)
Commented by mica at 2010-01-13 20:27 x
とろりんさん、こんばんは〜。

東工大のキャンパス@ねぐらは、有名ですよね。
生体調査してる研究室もあるしw
去年、いっときコツゼンと消えたそうですね。
また戻って来たんだ。(^ - ^)

こいつらが集団で飛んでる姿は
なんともフシギですよね。
Commented by タマ at 2010-01-18 18:33 x
うわぁ~・・・オーストラリアかっ?!って感じ。
噂には聞いてたけど、本当に居るんだ・・野生化したインコ。
すげぇ。

何年か前、はぐれセキセイインコは拾ったんだけど、
外で見るインコって何か変ですね。
仕事してたら表で「ピロッ♪」て鳴き声がして、
見に行ったら黄色いのが一瞬幻かと思う不自然さで居たんです。
はぐれて間もない感じで、動きもドン臭いし、
これ絶対食われちゃうよ・・と思って
とりあえず捕獲したものの、ぶっちゃけ迷子鳥の飼い主って
届けない人多いから、探すの大変じゃないですか?
届けるにしても宿泊先「どうしようかなぁ~?」って
空気になってた現場に、ひょいと来た同僚の人が、
その鳥を見て
「わぁ~、鳥♪何か良い事有りそうっすね?w」って。
何となくその瞬間、この鳥はこの人と縁がある気がする!
って思って、「飼い主見つかるまで預かって~。」って押し付けたら、
結局飼い主も見つからずそこん家の母に溺愛され
その家の子になりました。双方幸せを手に入れられて良かったです。
Commented by inukuro3 at 2010-01-19 21:36
タマさん、ども♪

セキセイインコって、よく逃げるし、
よく拾いますよね。(^_^;);;;
ウチも、逃がしてしまったこともあるし、
拾った(飛んで来た)ことも何回かあります。

風切羽を切っていなければ、遠くまで飛んじゃうし
仮に近所で捕獲されたとしても、そのまま
飼ってしまう人も多いかもしれませんね。
それと。
ドン臭いから、あっという間にカラスの餌食に
なってしまうように思います(野生じゃないし)。
ちなみに、スズメやハトは、よく襲われてます。

逃げてもヒトにより捕獲率が高かったり、
カラスに食われたりで、野生状態での
棲息数は、群れになるほどにはなかなか
残らないのかなぁ。
たけさんの大阪の例は、珍しいと思います。

連れ合いはコドモの頃、近所の空き地で
コザクラインコを拾いましたよw
by inukuro3 | 2010-01-13 01:20 | 生き物 | Comments(4)

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC


by mica