でかくろさんぽ

inukuro3.exblog.jp

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC

指の負傷、その後

7月1日に負傷したワタシの指ですが。

経過報告で皆様に涼しさを御提供したりした後、
7月15日に抜糸(すっっっげぇーー痛かった!)。

その後も、なかなか不自由な生活を送って来ました。
たかだか指1本で。。。。。
「全治2週間」というのは、『抜糸までの期間」で
あるに過ぎないのだと思い知った、約4ヶ月でした。

7月23日
表面の死んだ皮膚が、べろんとムケたところ。
さわると痛いし、まだまだ熱をもって腫れてた。
a0061977_14364762.jpg


a0061977_14371615.jpg

抜糸した翌日には、水に濡らしてよいと言われたけど
とてもそんなコトは無理だと、すぐに判明。
お湯の熱で痛いし、濡れたら傷がべろべろにフヤケるし
とんでもないことになった。
一皮むけて、新しい皮膚に強度が戻るまで、
水仕事と風呂は、防水絆創膏を活用。

9月11日
爪の下を切った、一番深かった傷部分というのは、
爪の製造工場だったんだなと、ボコボコに傷ついた爪が
上がって来たことで分かった。

上の割れてる(切れてる)部分は、ザックリ切れていたために
端っこが浮いていて、上がってくるにつれて
衣類等に引っかけやすくなって、とてーもキケンだった。
a0061977_14391544.jpg

見た目はキレイになっているけど、
縫わなかった、指の腹の部分がとてーも痛くて敏感で。
フツーにしている分にはよいのだけど、
「ものを掴む」とか「摘む」作業は、まだ無理で、
リハビリと思って無理して使うと、腫れてしまっていた。

使わないものだから、指先がとても柔らかくなっていて
感覚も敏感で、この指先で他の指に触ると、
他の指先がとても硬いことが、よーーーく分かった。
柔らかいと思っていた小指や薬指の指先さえ、
とても硬く感じてビックリ。

10月10日
「上の傷」がぬけるまで、もうちょっと!
引っかけやすさは、マックス。
冬でなくて、ホントーにヨカッタ。。。(ニットは鬼門)
a0061977_14395037.jpg


10月になった頃から、ようやく(なぜかいきなり)
傷に当たらない「指先」だったら、けっこうチカラを
入れられるようになって来た(「腹」は無理)。 

こういう↓窓の開閉は、かなり負荷がかかるので、まだ無理。
a0061977_14491865.jpg

神経がシナプス伸ばしてつながってきた?
絶対に感覚が戻らないだろうと思っていた、
爪の下の三角地帯(深く切った傷に挟まれた部分)ですら
少し感覚が変わって来た。
人間のカラダって、たいしたもんだ。

そして、今日。10月30日
a0061977_14405019.jpg


a0061977_14412523.jpg

シャンプー時も、やっと指の腹を使えるように
なって来ている(調子こくと、まだ腫れる)。

今週になって、級に冷え込んで来たので
ガーゼ素材のシャツやら毛布やら、やたら引っかけやすくて困る。
それもあと、もうちょっとでぬける。
がんばれ、わたしのツメ!
by inukuro3 | 2008-10-30 15:43 | ホラー

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC


by mica