でかくろさんぽ

inukuro3.exblog.jp

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC

『犬のためのホメオパシー』

わたしがホメオパシーに興味を持ったきっかけは、
礼二郎をGDV(鼓腸・捻転症候群)で亡くしたこと。

結局、礼二郎は手術をして、退院予定日の朝に
病院で再発して逝ってしまったのだけど。
退院出来ていたとしても、再発のある病気だし。
鼓腸でなくとも、一刻を争う事態の時
病院に着くまでの間に』飼い主が出来ること、
また、病院で『様子見』と言われた時に、家で出来ること、
それを考えた時に辿り着いたものでした。

『犬のためのホメオパシー』と銘打ったセミナーの
お知らせメールが来たので、受講して来ました。

受講者は、程度の差はあれ、「ホメオパシーって、何?」
というレベルの人は居なかったようなので、
そこら辺の説明は省いて、サクサク進行。(笑
講師は、保護センターに勤めた経験もある、
現役獣医師の、ホメオパス。

『ワクチンについて』は、ヒトも、ホメオパシーとは
関係なくとも、今、是非が問われているホットな話題。
つい去年、友人宅の新入りワンコが、狂犬病の予防接種後
ひどい下痢をした話を聞いたばかり。

下痢や嘔吐で「排泄」できるコは、まだいい。
皮膚に、ひどいアレルギー症状を出すケースも
少なくないようだ。(ヒトも、そうなんだろう)
先生がセンターで診た症例(ミックスの子犬)の、
全身赤い発疹で、ボコボコになった、痛々しい写真。
1ヶ月少しかけて、レメディで毒出しをして。。。
なんて話を、写真を追って説明。

他にも、テンコ盛りだったんですが。
いっぱいあって書ききれましぇん。
イヌの『根本レメディ』が、『肛門腺の色』によって
おおよそ分かるっていう話には、びっくり〜。(^_^;);;;
肛門腺に、いろんな色があること自体、
知りませんでしたよ。多頭飼いなのに。

誤食上等!のレトリーバーな我が家では、
しょっちゅう『シリカ』の御世話になるのだけど。
ホントに誤食に使っていいのかを、質疑応答で確認。

去年まで、るいはミクロフィラリアが、うじゃうじゃ居たので
シリカを使うことをためらっていたのだけど。
ついでに聞いたら『寄生虫は、異物とみなさない』そうだ。
そうだよな。。。寄生虫と宿主って共生関係だもんな。
言われてしごく納得。

2時間半のセミナーが、3時間オーバーの盛り上がり。
夜、帯広の同志(笑)に、フィードバック。
互いのイヌらの根本レメディについて、
ラモーナと兄・ボサの、一筋縄ではいかない性格の酷似など、
2時間以上話し込んでしまった。。。

根本レメディを考えると、見えて来るレメディもある。
わたしは同志のように、ひとつの問題を解体するのに、
摂るレメディを組み立てるのが、著しく下手だ。
こういうのは、センスなのかもしれない。
クリッカー・トレーニングの時も、『組み立て方』で
つまづいてしまうワタシなのである。

神さま、ワタシに「ヒラメキ」を下さい。ぷりーず。
by inukuro3 | 2007-03-31 23:28 | ホリスティック/スピリチュアル

『黒いぬ3連星』と、フラワーエッセンス&AC


by mica